【コスパ最強】雪でも歩きやすいおすすめのエーグルをご紹介【お手入れ方法伝授】

雪が降る時にはレインブーツが活躍しますよね。

まり子

こんにちは!雪でも歩きやすいおすすめのレインブーツが大好きまり子です。

AIGLE (エーグル)のレインブーツがコストパフォーマンスに優れてしかも雪でも歩きやすいおすすめのブランドなので当記事では、どこよりもわかりやすくご紹介していきますね。

雪でも歩きやすいAIGLE (エーグル)

AIGLE (エーグル)

積雪量が多い時にはやはり長さのあるレインブーツが活躍してくれますよね。

レインブーツの中には、雨はしのげるけれど雪だと滑りやすいものや、ソールが薄くて履いていると足が冷たくなるものなどもあるので、雪の日に履きやすいものを選びたいですよね。

そこでおすすめなのが、雪の多い日にあったかおすすめのレインブーツAIGLE (エーグル)です。

AIGLE (エーグル)のブーツをお得に購入する方法
○楽天で購入するメリット
・楽天ポイントがたまる
○Amazonで購入するメリット
・30日間は返品可能(送料無料)
○AIGLE (エーグル)公式で購入するメリット
・お得なポイントシステム
・お得なキャンペーンがメールで届く
・全国(離島と沖縄を含む)一律 ¥648(税込)税込10,800円以上お買い上げで全国どこでも配送料無料!
・商品到着後1ヵ月以内まで返品可能

AIGLEカスタマーサービス電話番号

0120-810-378(受付時間:月〜土曜日:9:00〜18:00、日曜日:9:00〜17:00、祝日を除く)

AIGLE (エーグル)の公式サイトはこちら

 

AIGLE (エーグル)とは?

フランスで今から160年ほど前、実業家ヒラム・ ハッチンソンがこの地方のモンタルジにラバー工場を設立しました。それがAIGLE (エーグル)です。

当記事では、そんな雪の多い日にあったかおすすめのレインブーツAIGLE (エーグル)をご紹介いたします。

AIGLE (エーグル)の特徴

フランスでできた雪の多い日にあったかおすすめのレインブーツAIGLE (エーグル)は、創設後、160年後の今でも、世界的に最も有名なレインブーツは、フランスにおける伝統的な製法でハンドメイドされています。

一言でいうとAIGLE (エーグル)は、『おしゃれできる機能性長靴』です。

おしゃれで防水性と耐久性に優れた天然ゴム素材のブーツなんです。

※合成ゴムの製品に関しては、ゴム専用のスプレーを使わず、水洗い後、日光のあたらない風通しの良い所で、保管してください。

AIGLE (エーグル)のよくない特徴

AIGLE (エーグル)は完全防水のため通気性が悪いので中が蒸れやすいです。

そんな時は、インソールを防臭のものを入れたり、使用した後はつるして乾かしたり、風通しのいいところに置いたりしましょう。

後、天然ゴムなのでケアをしないと短期間で割れたりします。

逆にケアをすることにより、10年くらいは愛用できるものになります。

雪でも歩きやすいAIGLE (エーグル)

ハンドメイドで素敵なデザインが特徴の雪の多い日にあったかおすすめのレインブーツAIGLE (エーグル)は、自然のゴムを使用しているフランスのレインブーツです。

歩きやすく履きやすいレインブーツはとても人気が高いレインブーツです

デザイン性が高いAIGLE (エーグル)のレインブーツは、ショートもとてもおすすめです。

ロングレインブーツ

長いレインブーツだとあるきずらいかなと嫌煙したりもしますが、濡れないという点ではやはり長いレインブーツがおすすめです。

しかも、防寒にもなりますからね。

とにかくかがんだりしても痛くないようなやわらかな素材なんです。

農作業にも適しているとよく言われるんですが、本当に納得です。

雪でも歩きやすいAIGLE (エーグル)のおすすめケア対策をご紹介

天然ゴムはゴムの木の樹液から作られたゴムです。強度が強く、傷つきにくいのが特徴です。

 

レインブーツのおすすめケア方法

1.汚れを優しい毛の細いブラシで落とします。

2.ケア剤を塗る(スプレー式が多いので、スプレーして乾いた布 でふき取る)。ケア剤によって、しなやかになり、寿命が延びます。

20cm離れたところからまんべんなくスプレーしてください。

スプレーが乾かないうちに乾いた布で拭きあげます。

 

3.レインブーツの内側には消臭スプレーをする。

4.乾燥剤を入れておく。

5.直射日光は避けて、ブーツ用ハンガーなどにかけて保管する。

※合成ゴムの製品に関しては、ゴム専用のスプレーを使わず、水洗い後、日光のあたらない風通しの良い所で、保管してください。

 

レインブーツの保管方法

天然ゴムブーツを保管・メンテナンスする際は、以下の5つのポイントを参考にしてください。

1.日光、ヒーターから離して、風通しのよい、湿気の少ないところに保管してください。

2.折り曲げず真っ直ぐ立てて保管してください。汗をかいた場合は新聞紙や乾燥剤で湿気をとりましょう。

3.汚れが気になってきたら、汚れや泥をきれいな水で落とし自然乾燥してください。内側を水洗い後は良く乾かしてください。

4.時々、白色の粉のようなものが表面に現われます。これは紫外線の影響を妨げるために、ゴムに加えられたワックスです。湿ったタオルでふき取ってください。

5.ゴムの保護のために、時々ゴム専用のスプレーをすると表面がきれいになり、より効果的です。

足と汗の関係

足は1日コップ1杯の汗をかきます。ブーツは完全防水のため、ブーツ内に汗が溜り、水もれをしているような感覚になる場合があります。 ふくらはぎに余裕のあるサイズを選びブーツ内の湿気が排出できるようにしたり、履き替えられる場所ではサンダルに履き替えたり、汗を吸い取るソックスを選ぶなど、足のことも考えた着用をおすすめ致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください