【コスパ最強】雪でも歩きやすいおすすめのUGG【お手入れ方法伝授】

寒い季節になると、ブーツが欲しくなりますよね。

まり子

こんにちは!雪でも歩きやすいおすすめのブーツが大好きまり子です。

UGG(アグ)のブーツがコストパフォーマンスに優れてしかも雪でも歩きやすいおすすめのブランドなので当記事では、どこよりもわかりやすくご紹介していきますね。

ムートンブーツ代表的ブランドUGG(アグ)の特徴とは?

価格帯:20,000円~37,000円
サイズ:22cm~25cm

1978年にオーストラリア人サーファーが、南カリフォルニアのビーチでUGG®ブランドを立ち上げたのが始まり。

最上級のシープスキン(羊の革)を採用することで、非常に柔らかく滑らかな履き心地と
抜群の通気性があります。

もちろん、撥水加工と防汚性を加えて履きやすくしてある優れものです。

世界中のセレブに愛されています。

UGG(アグ)のブーツをお得に購入する方法
○楽天で購入するメリット
・楽天ポイントがたまる
○Amazonで購入するメリット
・30日間は返品可能(送料無料)
○UGG(アグ)公式で購入するメリット
・送料無料
・会員になるとバースデープレゼントやシークレットセール等に案内のメールが届きます

 

返品規定

お客様都合による返品の場合

以下の2点を満たしている場合、返品を受け付け、商品代金とそれにかかる消費税を返金いたします。
1.商品とその箱および付属品・同梱物等が汚損や破損なく、未使用の状態で全て揃っていること
2.ご購入日より30日以内に上記1の一式をご返送いただくこと ※ セール、ウェブアウトレット商品は対象外といたします。
※ 返送時の送料はお客様負担となります。
※ ご購入商品に同梱してお届けする返品フォームに必要事項をご記入のうえ、商品と一緒にご返送ください。

https://www.ugg.com/jp/

 

雪でも歩きやすいUGG(アグ)のおすすめブーツ

アグのブーツには、3つの丈のものがあります。

それぞれのブーツをみながらおすすめブーツをご紹介いたします。

ロングブーツ

やはり、冬は防寒対策バッチリのロングブーツでって方におすすめなのがとても暖かいアグのロングブーツです。

ミディアムブーツ

一番使いやすく防寒も兼ね備えているのでおすすめの丈です。

ミディアムブーツはいつも人気が高いのも特徴。

一足は持っておきたいブーツですよね。

ショートブーツ

ショートブーツだとかなり使いやすいですよね。

アグのブーツなので防寒はバッチリなんですが。

防寒を重視する方には少し物足りない感じがするかもしれません。そんな方にはミディアム丈のブーツがおすすめです。

雪でも歩きやすいUGG(アグ)のおすすめコーディネート

ここでは、おすすめのコーディネートをご紹介しています。

ちょっと難しいコーディネートもありますが、自分にあったものが発見できる手助けとなると嬉しいです。

UGG(アグ)×タイトパンツ

ジーパンやタイトパンツは、アグのムートンブーツとの相性は抜群!

それだけでおしゃれに見えるから不思議!

かなりおすすめの定番コーディネートです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

UGGJapanさん(@uggjapan)がシェアした投稿

 

UGG(アグ)×ロングスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

UGGJapanさん(@uggjapan)がシェアした投稿

アグは、ロングスカートもとてもマッチします。

トップスはやや細めのデザインのものをもってくるとすっきりと見えるのでおすすめです。

だぼっとしがちなロングスカートですが、アグのムートンブーツをあわせるととてもおしゃれです。

UGG(アグ)×ミニスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

UGGJapanさん(@uggjapan)がシェアした投稿


たっぷりと重量感のあるアグのムートンブーツは、短いスカートでも素敵にキメルことができます。

ミニスカートとまでもいかなくてもタイトスカートなんかも合わせやすいです。

UGG(アグ)×ワイドパンツ

ワイドパンツは今流行っていますが、大きめのムートンには合わせづらさがあると思います。

ながめのワイドパンツだとそもそも見えなくなってしまうのでおススメなのは、短め7分丈くらいのワイドパンツを使用することです。

ブーツも見えるくらいの丈のものをおすすめします。

雪でも歩きやすいUGG(アグ)のおすすめケアアイテム

スエードは雨や油汚れを吸ってシミになりやすいもの。
スエード用の防水スプレーを全体にまんべんなく3度ほどかけます。

防水スプレーを使用する時には必ず外でするか、換気をしましょう。

身体に悪い影響があります。

まり子

換気をしながらでないと大変なことになりますよ

スプレーが浸透したら、スエード用ブラシの短い突起のゴムブラシ部分で毛並みを揃えます。
これで、防水スプレーが浸透し水や汚れに強い革になります。

起毛革靴(スエード)のお手入れの基本はブラッシングです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大介 興津さん(@bootsbell_repair)がシェアした投稿


スエード用ブラシのゴム部分で四方八方いろんな方向に丁寧にブラッシングしてあげればたいていの汚れは落ちてしまいます。

 

こびりついたしつこい汚れは、側面のボコボコしたゴム部分でやさしく擦ります。
汚れを取りたい場合にはを拭きつけて
毛足の短い布でぽんぽんとたたくように分解した汚れを拭きます。
環境に配慮した気化ポンプで噴射するので、室内でも使用できます。

フリンジには、真ん中にブラスワイヤーが入った樹脂のブラシでブラッシングします。

 

履いた後のお手入れ

森から。。』をシュッとかけることによって中の汗の湿気や雑菌をすばやく取ってくれるそうです。

 

スエード素材にも安心な天然除菌消臭スプレーを2回ほどシュッシュッとかけます。

かけすぎもよくありません。

ミネトンカお手入れセットという便利なセットがありました。

すでにシミなどのトラブルがある場合を除けば、お手入れがばっちりできちゃうミネトンカ用のお手入れセットわたしも使っていますが、おすすめです。

上記で紹介していたクレープブラシも含まれてます。
(ミネトンカ以外のスエードやヌバック、フェイクスエードの靴・ブーツにも使えます。)

防水スプレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください