【後温泉旅行記】おすすめの夫婦二人でのんびり温泉旅行

こんにちは!!(<ahref=””https://twitter.com/syufu_mariko088”” target=””_blank”” rel=”noopener noreferrer”>主婦まり子)です。
結婚して10年以上が過ぎ2人とも忙しい毎日の中会えない日も多い我が家。
毎日わたしは強めのワンオペ育児。

主人は、転勤多めのハードワーク。しかも出張多。
結婚10周年記念も過ぎて、何も記念みたいなことしなかったねという話から

10周年記念も兼ねて

主人の提案や周囲の助けもあり、夫婦で記念旅行にでかけることができました。

という話になり、今回両家のご両親にこどもを預けて夫婦二人だけで愛媛県の道後温泉に行ってきました。
ゆっくりと温泉旅行を終えることができました。

主婦まり子

両家の両親には本当に感謝します
温泉もさることながら、おいしいお食事で二人でのんびり過ごすことができました。

今回は、その時の様子を記事にしたいと思います。

今回の旅の目的

  • 4月下旬
  • 滞在日数は1泊2日
  • 松山までは、呉からフェリーを利用
  • 現地は公共交通機関を利用
  • 天気予報は晴れ
  • 子どもは両家の実家に預けた

旅行記とありますが、今回の目的は
○夫婦水入らずでのんびりと過ごす事
○おいしいものを食べること

だったので観光名所はまわらずに、のんびりとおいしいものをたべて町をぶらぶら散策しました。

いつも仕事を頑張ってる主人にゆっくり温泉に入ってもらうって美味しいご飯をたっぷり食べてのんびりするいい機会になり満足した旅になりました。

その時の美味しいご飯と宿の様子をご紹介します。

ゆっくりのんびりと過ごしたい方はご参考にされてくださいね。

それでは、【後温泉旅行記】おすすめの夫婦二人でのんびり温泉旅行について書いていきます。

のんびりフェリーで松山へ

往復の交通手段はフェリーかなり旅行感が出ました

今回は、日頃の疲れをとるための旅行です。

往復広島県呉市の呉港からのフェリーで行きました。

 

呉からのフェリー乗車で約2時間で愛媛までつきます。

 

フェリーは、昔ながらのフェリーですので豪華客船の旅行とは行きませんが、ゆったりと過ごせる船内で「お昼なんにしようかぁー」等と話しながら行ったのでそれほど長くは感じませんでした。

道後温泉旅行の流れ

10時頃~
フェリーに乗船
2時間の船旅
お昼頃
伊予鉄道(いよかんいろ)に乗って松山市内へ
ランチをするべく松山の市街へ
ランチタイム
ランチ
駅の近くで遅めのご飯久しぶりの2人だけのランチでなんだか楽しい雰囲気

ランチの後チェックインの時間まで松山の街並みをぶらぶら

3:00~
チェックイン
道後温泉宿 「花ゆづき」 ホテル内の温泉に入ってまったり
次の日
ランチ
松山名物の鯛めし

という感じでした。

温泉にゆったりと入って美味しいものを食べてゆっくり過ごせたらいいというわたし達の希望通りに過ごせました。

では、ここからは旅の詳細をご紹介します。

愛媛の本気を見た!!ここまでやるか?!伊予鉄道はすべて伊予柑色


フェリーから降りたわたし達の伊予鉄道のオレンジ色の洗礼似合いました。

まずは、電車の駅までフェリー乗り場からバスがでていたのですが、そのバス。

主婦まり子

おっオレンジがまぶしい!

本当にどこもかしこもオレンジ色!

あ、いや伊予柑色ばかり!

 

次は伊予鉄道に乗車しました。

もちろん伊予柑色オレンジですね。

次に市内を走っている路面電車!これで市内観光できます。道後温泉駅までもこの路面電車で向かうことがきます。

 

しのごの言わずに伊予柑色

愛媛の本気を感じる…

夫ちゃん

とにかくこれ程に街を上げて伊予柑色にしなきゃいけないのかと涙が込み上げてきました。

きっとこの伊予柑色の裏にはきっと苦労した町役場の職員さんや市のがんばりがあるんだろうなと地方出身のわたしとしては、皆さんの努力を思うと胸が苦しくなるのでした。

そんな伊予柑色を推しで頑張ってる松山市にふるさと納税をしてみよう!

TRY NOW
「さとふる」でふるさと納税!
今回はゆったりとするという元で旅行に来たので次の日も特に何もしないでゆったりと2人で過ごしました。

松山のランチはとりあえず肉!!

ランチは松山市内の『ステーキ食堂』(地域のレストラン)に行きました。

お腹ペコペコで肉が食べたかったので久しぶりのデートだったのに肉をチョイス!

でも、おいしかったし大満足でした。

そんなこんなしていたらステーキ食堂の近くでこんなものを見つけました。

坊ちゃん鉄道ミュージアム…気になるね!

夫ちゃん

坊ちゃん鉄道ミュージアム

とくに観光のプランとかぜんぜん決めていなかったわたし達は、突然の主人の思いつきで近くにあるという坊ちゃん鉄道ミュージアムを探しにぶらぶらしました。

そうしてたら、もちろんこのバスに遭遇

伊予鉄バス!

あっしかも、坊ちゃん鉄道ミュージアムの広告がでかでかと!!

そしてその前のスターバックスの奥にそのミュージアムはあったのでした。

館内には、当社1号機関車の原寸大レプリカを展示し、松山市内を走り抜けた面影を今に伝えます。また、あまり公開されることのなかった鉄道ファン垂涎のレアな車輌部品・資料等も間近で見ることができます。(坊ちゃん鉄道公式HPより)

概要はこちら

  • 入場料:無料
  • 開館時間:7:00〜21:00
  • 住所:愛媛県松山市湊町四丁目4-1
    伊予鉄グループ 本社ビル1階
  • TEL:089-948-3290
    (平日 8:30〜17:30)

※専用駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
※ペットの同伴、敷地

道後温泉駅に到着

丁度3時だったので駅前のからくり時計が動き出しました。

このからくり時計とてものんびりとしていてゆったり気分を盛り上げてくれました。

道後温泉宿『花ゆずき』をご紹介

花ゆずきの部屋動画

部屋の中にはこんなお茶セットも!

部屋の中で一番うれしかったのは、このお茶セットです。

紅茶のセットが2セットおいてありました。

これは嬉しいですよね。

ちなみに、愛媛名物の『坊ちゃん団子』と一緒にいただきました。

ちょっと休憩タイムです。

花ゆづきの大浴場

その後は、宿についている大浴場にいって疲れをとりました。


(華ゆづきHPより引用)

宿でディナー

夜のごはんは花ゆづきの宿のディナーでした。

レストランでのディナーだったんですが、お肉がとてもおいしかったです。


じゃらんでチェック
道後温泉宿 花ゆづき

道後温泉本館どうごおんせんほんかん

(道後温泉HPより引用)

夜ごはんを宿で食べてから近くにある道後温泉のメインお風呂『道後温泉本館』へいきました。

道後温泉本館どうごおんせんほんかんへは『花ゆづき』から、徒歩3分くらいで着きます。

道後温泉本館とは?
道後温泉本館は、日本最古といわれる道後温泉のシンボルで、「神の湯」に代表される温泉施設です。
道後温泉本館の一番の魅力は、日本の公衆浴場として初めて、平成6年(1994)に国の重要文化財に指定されながら、博物館化せずに現役の公衆浴場として営業を続けているところです。平成21年(2009)に発行されたミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは、最高位の三つ星を獲得しています。
現在の神の湯本館は、道後湯之町初代町長の伊佐庭如矢いさにわゆきやが、100年後の道後の繁栄を見据え、幾多の苦難を乗り越えて、明治27年(1894)に改築した木造3階建てで、その後、明治32年(1899)の又新殿ゆうしんでんの建築、大正13年(1924)の養生湯の改築、昭和10年(1935)の改造等を経て、今日の姿となっています。建物設計は、松山城の城大工棟梁の家系である坂本又八郎で、大屋根の中央にギヤマンを使用した塔屋(振鷺閣しんろかく)を載せ、その上には道後温泉ゆかりの白鷺が据えられ、西洋の技法を取り入れたトラス構造を用いた壮麗な三層楼の本館となっています。

(道後温泉HPより引用)

(道後温泉HPより引用)

翌日は五志喜で愛媛名物鯛めしランチ


愛媛県のご当地グルメと言えば“鯛めし”でしょ!

一度は食べておきたい「愛媛県」の人気おすすめ鯛めしランチランキング第1位は、松山市にある「郷土料理 五志喜 本店」。

こちらのお店「郷土料理 五志喜 本店」は創業380年余りの老舗です!宇和島の郷土料理はほとんどそろっています!五色そうめん(株)森川の提携店であるため、鯛めしならぬ鯛素麺も提供してくれます!鯛と素麺のコラボは、ランキングにも入るほどの美味です!まさにオススメランチです。
ぜひ一度ご賞味ください。

五志喜 本店の概要
【店名】郷土料理 五志喜 本店
【予約】可
【住所】松山市三番町3-5-4
【営業時間】11:00~23:00(L.O.22:30)
【定休日】 不定休

帰りのフェリーから呉港の様子を撮ってみました

帰りもフェリーで帰ったんですが、よく晴れていて気持ちがよかったです。

帰りのフェリーから呉港を撮影

とってもいい思い出となった旅でした。

最近二人きりで過ごすこともなくなっていたわたし達でしたが、今回ゆっくりと二人で温泉に入れたのはとてもいい思い出になりました。

また、何かの機会にまた二人で旅行にいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください