狭い部屋のおすすめ家具をご紹介。一つで二役家具に注目。



狭い部屋の家具選びは場所や大きさを考えて購入しないといけないので難しいですよね。

日本の住宅環境では、仕方ないのかもしれませんが自分なりに工夫をして狭い部屋でも快適に過ごせるようにしたいものです。

当記事では、そんな家族向けの狭い部屋やワンルームの一人暮らしの部屋におすすめの家具を快適にすごせる家具をご紹介いたします。

 

狭い部屋のおすすめ家具をご紹介。

狭い部屋での生活を工夫するためには、家具選びを考える必要があります。

ポイントになってくるのはこの三つです。

○小さい家具にする

○多機能の家具

○片付けしやすいもの(小さくなるもの)

賢く家具を選んで快適な狭い部屋ライフをおくりたいものです。

では、ここから狭い部屋やワンルームにおすすめの家具をご紹介いたします。

中には、多機能すぎる家具もあるので見てみてください。

衣類収納

選ぶポイント

○とにかくコンパクトなもの

○クローゼットの大きさのもの

クローゼットの大きさは、一般的に45cm~60cmとなっている

 押入れは、それよりも大きくてだいたい80cmになっている

衣類収納は、やはりコンパクトなチェストに限る(クローゼットサイズの奥行のもの)

クローゼットの奥ゆきでしたら、45cm~60cmなのでそのくらいのローチェストがおすすめ。

狭い部屋のクローゼットにも入る大きさにしとくべきです。

クローゼットに入る大きさのチェストであれば、有効にスペースを活用できます。

 

衣類収納をふやしたいならスチールラック

スチールラックだと、いらない時はたためますし。

いろんなものが置けるのでとても重宝します。

木製のものだと、どうしても重くなりがちなのでやめましょう。

 

もう少し増やしたいなら折りたたみ式収納コンテナ

用途がいろいろある収納コンテナなら持っていても何かと便利です。

もし、部屋に必要なくなった時には車にもつめます。

ベット

ベットは、狭い部屋だとあまりおすすめしません。

大きいし場所を変えるのが難しいからです。

でも、どうしても欲しいという方におすすめなのが。一つで二役家具。

一つで二役してくれる家具だと、狭い部屋に置いても意味があります。

次に紹介するソファーベットだったら、狭い部屋に置いても問題ありません。

機能がいくつもついたベット

こういった、多機能つきベットもあります。

デスク・宮棚付き コンセント×2 ハンガーラックもついて下には、収納スペースが確保されています。

多機能付きベットだと、ワンルームの部屋でもベットを置いても部屋が狭くなりにくいです。

ソファー

ソファーも普段から便利な機能付きのものがいいです。

ソファーのみのものだと、後々後悔するのでやめましょう。

狭い住宅の場合、少しでも収納場所を確保したりできたり、ベットになったりするものがいいです。

収納付きソファーベット

ソファーベットがあると、急な来客や親等が泊まりに来てくれた時に便利です。

さらに、収納付きのこちらは狭い部屋にはもってこいです。

収納が増えることは、狭い部屋にとってはいいこと尽くしですので、こちらでしたら、ベットとソファーそして収納と3つの機能を合わせていて機能的です。

 

部屋に収納がなかったりする時にとても便利だし、収納があるだけで部屋がすっきりします。
ティッシュとかすぐ必要なものを隠しておくのに使用するのもいいですね。

少しでも収納があると片づけも上手にできそうです。

 

フロアマット

やはり、解体できるものがおすすめです。

マットやラグって本当に場所をとられます。いらない時に小さくなるというポイントは、狭い部屋にとって有効でしかありません。

このタイプがおすすめです。

ラグマット

 

ジョイントマット

これは、子育て世代ならばどの家庭でも使ってますよね。
本当に役に立つし、こどもが遊べるものもあって楽しいですよね。

大判だと片づけも楽ですのでおすすめ。一年中敷いておけるタイプは、どの家庭にも嬉しいですね。

 

レンタルをするのもあり

家電・家具レンタル専門サイト「かして!どっとこむ」。


なら、ベットや机等の家具から家電もレンタルできます。

レンタルなら、使わなくなったら返品が可能なので狭い部屋でも気軽に家具を増やせますよね。


おわりに

ワンルームや、狭い部屋の場合、いかに部屋の中を有効活用できるかがポイントとなります。

多機能の家具や片づけをしやすいものを活用して部屋を機能的に使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください