【幼児教育・小学生】はじめてのプログラミングにはスクラッチ・ジュニア(Scratch.Jr)がおすすめ【使い方】

いよいよ2020年度から、小学校のプログラミング学習が必修化されることがニュースになっていますね。

それを受けて、プログラミング教室や、塾がとても盛り上がってきています。

そんな、プログラミング教室でも使用されているスクラッチ(Scratch)というプログラミングソフトがあるんです。

スクラッチは、小学生の低学年から高校生くらいまでを対象にしたソフトなんですが、今回ご紹介するのは、それの弟的そんざいでまだ、幼児(5歳から7歳)の為のプログラミング学習アプリとして誕生したスクラッチジュニア(ScratchJr)のをご紹介したいと思います。

まり子

幼稚園の年中さんから使用できるということですね!
おすすめのプログラミング学習の流れ

我が家でもこのスクラッチジュニア(ScratchJr)をやっていたおかげですんなりプログラミングトイに入れました。

なので、練習としてスクラッチジュニア(ScratchJr)を活用し、その後実際に動かせるブログラミングトイと一緒に学んでいくという流れがおすすめです。

では、さっそくスクラッチジュニア(Scratch.Jr)の使い方についてみていきましょう。

当記事では、【幼児教育・小学生】はじめてのプログラミングにはスクラッチ・ジュニア(Scratch.Jr)がおすすめ【使い方】について書いていきます。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)とは?

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、スクラッチ(Scratch)を簡単にした、

ScratchJrは小さなこども(5歳から7歳)でもつかえるプログラミングの学習用アプリのことです。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、MITが作ったタブレットで使えるアプリ

 

アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのデジタルメディアに関する研究機関が作った、教育用の低年齢向け(5歳から7歳)に作られたかん単にプログラミングができるアプリです。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)はiPad, iPad mini ,Androidタブレット, Kindle で使える!

スクラッチジュニア(ScratchJr)は、タブレットで使えるアプリなので使用するタブレットを用意する必要があります。

おすすめなのは、なんといってもお安いアマゾンのタブレット

7インチディスプレイ・8GB

一番お値段が安いのがこの7インチの8GBのものなのですが、プログラミング学習用にするだけでしたら、何ら問題なく使用可能です。アマゾンのタブレットはセールの時だと、7インチがおよそ3000円代で購入可能です。目が悪くなるから大きなタブレットをという方にはもっと大きいのもありますのでそちをどうぞ!!
7インチディスプレイ・16GB

8インチディスプレイ・16GB

8インチディスプレイ・32GB

10インチディスプレイ・32GB

10インチディスプレイ・64GB

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)の特徴は?

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、プログラミングブロックを指で操作

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、こども向けにデザインされているプログラミングブロックを指で操作することによりキャラクターに動作を加えられます。

なので、幼児でもカンタンに操作ができるんです。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、キャラクターをペイントで編集

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、キャラクターをペイントエディタで編集して自分のすきな色に変えることができるんです。

まり子

指でタップして自分の好きな色に変えることができるなら、とっても簡単で楽しいですよね。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、自分の声や音をプログラミングに組み込むことができる

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、自分の声や音をプログラミングに組み込むことができます。

自分の声が組み込めるのはとても面白いですよね。

まり子

幼児が楽しめる工夫がされていますよね。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、自分で撮った写真を使うこともできる

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、自分で撮った写真も使うことができます。

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)のダウンロード

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)のダウンロードは、スクラッチジュニア(Scratch.Jr)の下記ホームページから行うのが簡単です。

スクラッチジュニアホームページ

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)の使い方

スクラッチジュニアは、幼児むけですので、そんなに難しいことはありません。

文字の読めない子でもすぐにわかるような内容になっています。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr) 言語設定

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)は、日本語にも対応してくれています!

なのでとても便利ですよねー。

設定の仕方もとても簡単です。

①まず、スクラッチジュニア(Scratch.Jr)のアプリを開きます。

②一番初めのページでこの【せってい】の部分をおすとせっていできます。

※一番はじめのページのみでなく、スクラッチジュニア(Scratch.Jr)のホームでもせっていできます。

 

③【げんごをえらぶ】というところが出てきます。

そこで【日本語】にチェックをすると日本語モードになります!とてもかんたんですね!

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)をうごかしてみよう!!

 

まず、はじめにでてくるのがこのの画面です。

この【?マーク】の方をおしてみると

やり方の動画がでてきます。
この動画もとてもわかりやすいのではじめる前に動画を見てみるのもいいですね。

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)プロジェクト画面の説明

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)のアプリをひらくとこの画面になります。そして、赤のマークの家の絵をタッチします。

すると【ぷろじぇくと】を作る画面になります。

赤で囲ったところをタッチすると作成画面がでてきます。

※自分の【ぷろじぇくと】を作るとここの画面にならんでいきます。

プログラミングブロックのメニューです。

このブロックをプログラミングエリアにもっていって(ドラッグ)ブロックを組み合わせて自分の動かしたいようにプログラミングします。

プログラミングエリアです。

ここにプログラミングブロックをドラッグでもっていくと、キャラクター等をうごかしながらプログラミングできます。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr) プログラミングを保存する方法

 

保存する時は、プロジェクトのページのホームページに戻るとともに、作っていたプロジェクトを保存できます。

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)プログラミングやり方を動画でかんたん解説

スクラッチジュニアをかんたん解説している動画です。

 

 

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)の解説おすすめ本

スクラッチジュニアを解説した本もでています。

その中でも、こちらの『5才からはじめる すくすくプログラミング』は、5歳の子でもわかりやすい内容になっています。

親におすすめのプログラミング教育の本を難易度別にご紹介【レビュー】 小学生のプログラミング学習におすすめのわかりやすい本をご紹介【初心者向け】

スクラッチジュニア(Scratch.Jr)でプログラミング幼児教育を

小学校でスクラッチを導入されているところもあります。

なので、幼児向けのプログラミング教育としてはコストパフォーマンスもさるとこながらおすすめのやり方です。

スクラッチジュニアに慣れてきたら、スクラッチをやってみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください