STEM(ステム)教育とは?

近頃、STEM教育という言葉をよく耳にしませんか?

AI(人工知能)やIOT(モノのインターネット)が登場している今日、さまざまなところでIT文明がかかわってくることになります。

世の中が変化しようとしている今、その波におされて

まさに、教育の現場が変わろうとしています。

そんな、中でてきたSTEM教育。

当記事では、STEM教育とは何なのか?そして、STEM教育が今なぜ導入されようとしているのか、家庭でできるSTEM教育対策等も交えてご紹介いたします。

当記事の内容は、STEM(ステム)教育とは?について書いていきます。

STEM(ステム)教育教育とは?

1990年代に米国で提唱された、科学(Science)・技術(Technology)・工(Engineering)・数学(Mathematics)の頭文字を取った理数系教育の総称のことなんです。

ですが、今日のSTEM(ステム)教育はまたちょっと違うんです。

それは、理数系だけではなく、

「理数系分野を中核とした学際的・教科横断的な学び」

「知識を統合的に活用しながら実社会の問題解決をめざす学び」

「知識・技能だけでなく関心・意欲・態度も高まる学び」

という3要素を満たす学びのことなのです。

どういったことかというのを当記事にて詳しく説明していきますね。

 

※日本STEM教育学会より参照

その前にまず、なぜ今STEM教育がおこなわれていこうとしているのか?について説明します。

なぜ今STEM(ステム)教育なのか?

現在の日本の問題と言えば、少子化ですよね。

少子化で人が減ってこれからの世の中はさらにAI(人工知能)に頼ったものとなっていきます。

そんな中、どの職業にもAI(人工知能)とかかわっていくことになります。

なので、これからの教育で大切なことは、

AIに対する知識をつける教育

AIにはない力、像力・アイディア力・コミュニケーション力を生み出すための教育

を育てるのが今からのSTEM教育、そして今STEM教育が進められている理由です。

2020年から行われるSTAM教育の要であるプログラミング教育とは?

そして、いよいよ2020年から小学校で必修科目となったのがSTEM教育の要プログラミング教育です。

これから行われようとしているプログラミング教育もまた、プログラミングの知識だけではなく、AIにはない力、像力・アイディア力・コミュニケーション力を生み出すための教育もいれられることとなっています。

プログラミング教育の力

①課題を行う為にチームが一丸となって考える

 

②プログラムを作る

 

③プログラムを試行する

③で解決しなかったら①へ戻る

チームで考えるということでコミュニケーション能力の向上と問題解決の力をつけ、そして繰り返し行うことで論理的思考も付くようになります。

もちろん、STEMの知識もつくプログラミング教育は、STEM教育の要となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください