【コスパ最強】おすすめのフェニックスレディース軽量ダウンジャケットをご紹介【お手入れ方法伝授】




ちょっとさむくなってきたら、ダウンジャケットが気になりますよね。

でも、ダウンジャケットってとてもごわごわしてかさばります。

そんな時におすすめなのがライト(軽量)ダウンジャケットです。

旅行やちょっとしたお出かけにもっていくのにもおすすめなのが軽くて暖かいライトダウンジャケットは一つもっておくととても重宝します。

今回は、今おすすめの日本のブランド『フェニックス』ライトダウンジャケットをどこよりもわかりやすくご紹介します。

後半には、おすすめのコーディネートとダウンジャケットのお手入れ方法も記載しているので気になる方はご覧くださいね。

phenix

フェニックス(phenix)のライト(軽量)ダウン

phenix(フェニックス)は、
1952年に日本で誕生した生粋のジャパンブランドです。
1955年、当時の最新素材・ナイロンをいち早くスキーウェアに導入し、
スキーウェアブランドとして礎を築いたphenix。

1978年のダウラギリ遠征(8167m)では、国内で初めてヒマラヤの超高所に耐えうるダウンウェアを開発し登頂をサポート。

まり子

日本のブランドならではの細かなディティール(細部)をご覧ください。
フェニックスをお得に購入する方法
○楽天で購入するメリット
・楽天ポイントがたまる
○Amazonで購入するメリット
・30日間は返品可能(送料無料)
○フェニックス公式で購入するメリット
・商品到着後8日以上経過した商品は返品可能
(ただし、アウトレットコーナーのアイテムについては返品不可)
・送料全国一律540円(1配送先につき)
・1配送先につき10,800円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料
・Amazon Payが使える

《公式》phenix Kappa通販サイト フェニックスオンライン ストア

「PHENIX ONLINE STOREカスタマーサポートセンター」
TEL:03-6833-3430
TEL:050-5305-3082
受付時間:月~金(土・日・祝日、年末年始夏季休業日を除く)
     10:00~12:00、13:00~17:00

メールでのお問い合わせはこちら
zi@phenix.co.jp

フェニックス(phenix)の軽量ダウンのおすすめコーデ

軽量ダウンジャケットは、普通のダウンジャケットと違い、ごわごわ感が軽減されます。

なので、ボトムスにボリュームのあるものをもってきてもOKなんです。
フェニックス(phenix)の軽量ダウン×ロングスカート

ごわごわなりがちのダウンジャケットですが、軽量ダウンジャケットだと普通のジャケットのように使えるのでおしゃれの幅が広がりますね。

ダウンジャケットのお手入れ方法

基本的に、クリーニングに出してしまうとおもうんですが、家でお手入れしたい!

という方には、こちらの方法がおすすめです。

清潔に着こなせるうえ節約にもなる自宅クリーニングをやってみましょう。

ダウンジャケットをお手入れする時の注意点
かならず、手洗いマークが〇になっていることを確認しましょう!

ダウンジャケットを自宅で洗濯するときに守らなければいけないポイントは、以下の4つです。
•中性洗剤を使う
•ぬるま湯を使う
•もんだりこすったりしないこと
•洗う前に色落ちチェックをする
ダウンとは水鳥の胸あたりのふかふかした毛のことです。その商品によって量や種類が違いますが、どれも普通の洗剤や水では強すぎて傷んでしまうし、摩擦や圧力ではつぶれて元通りにならなくなることもあるので、やさしく扱います。色落ちが激しいならお店へ出すのが無難です。これらを守れば、すぐに水に浮いてしまって洗いにくいものの、自宅でも洗えます。

ダウンジャケットの洗う前に注意すること

手洗いと洗濯機洗いの方法があります。どちらも色落ちテストをしてから洗いましょう。
色落ちテストは、まずは目立たない場所で試します。洗剤を白い布(タオル等)につけ、ダウンジャケットの生地をトントンたたき、これで白い布に生地の色がつくようなら、自宅で洗うと激しい色落ちが予想されるのでクリーニング店に頼んだほうが無難です。

ダウンジャケットの手洗い方法
大きな「洗いおけ」がある場合は以下の方法で、ない場合は洗いおけの代わりに洗面所の洗面ボウルや洗濯槽、浴槽を使って洗うとよいですよ。

1.洗濯液をつくる
洗濯おけに洗剤液をつくります。ぬるま湯(30℃くらいがベスト)を使い、中性洗剤の使用方法をみてちょうどよい濃さの薄め液をつくります。ダウンジャケットは水を多く吸い込むので、多めに作っておくとよいでしょう。
おすすめの洗剤はこちら

2.洗う
ダウンジャケットは軽くたたんで、洗剤液に浸し、「押し洗い」で手洗いします。表面が水をはじく(撥水加工)ものが多く、一気に押すと洗剤液がこぼれてしまうので、少しずつ押します。それから、両手の平全体で押したり離したりを繰り返しながら、汚れを洗い落とします。汚れがひどい襟や袖口は、指でつまんで細かく押し洗いをします。

3.すすぎと脱水
洗剤水を捨て、きれいな水に換えて2、3回すすぎの押し洗いをします。シャワーを使って洗い流してもOK。脱水は、押し絞って(握って絞るのではなく!)、タオルで水分を吸い取る(タオルドライ)方法で脱水します。

以上です。

以外に簡単ですよね。

自宅で簡単にお手入れしてみてくださいね。

e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください